ヌカハニーが持つ独自の抗菌特性は何十年間も知られてきましたが、
2006年になって始めて、ドイツのトーマス・ヘンレ教授により抗菌特性を担うマヌカハニー中の化合物が食物メチルグリオキサール(MGO)であると同定されました。

MGOを発見したトーマス・ヘレン教授

ドレスデン工科大学の食物科学研究所所長、トーマス・ヘンレ教授に率いられた研究チームは、天然に生成するメチルグリオキザール(MGO)がマヌカハニーの抗菌特性を担う主要な成分である事を見出しました。

研究チームが全世界から80以上のハチミツを試験したところ、食物メチルグリオキザールの濃度は7mg/kgを超えませんでしたが、一部のニュージーランド産マヌカハニー中のMG0濃度が、通常のハチミツより70倍以上も高い30mgから700mg/kgほどまであることが明らかになりました。

研究によって、純粋なマヌカハニーは自然に生成するメチルグリオキサールを非常に高い濃度で含有していることが分かったのです。
もしマヌカハニーのメチルグルオキザール濃度が低い、あるいはまったく含まれていないとすれば、それはマヌカハニーが他のハチミツと自然に混ざったもの、あるいは人為的に混合されたものだと言えます。

研究では、マヌカハニーと他のハチミツに関して、寒天拡散検定法を用いてハチミツの抗菌活性を確認しました。それがHPLC試験(高速液体クロマトグラフィー)により明らかにされたメチルグリオキザール濃度と、直接に関連している事も明らかになりました。
トーマス・ヘンレ教授によれば、マヌカハニーが黄色ブドウ球菌及び大腸菌のような細菌を確実に阻止する為には、少なくとも100mg/kgのメチルグリオキザ-ルが必要です。
メチルグリオキサールは人、動物及び植物中でグルコースの変換過程で天然に作りだされる物質です。


医療分野での研究において、メチルグリオキザールが体内で悪性細胞に対して特異的に作用することが明らかになりました。
初期の研究によると、メチルグルオキザールは幅広い範囲のガンに侵された動物に対して著しい治癒効果を有していることが分かっています。