ヌカとは、灌木種の一つで、ニュージーランドにのみ自生するフトモモ科の低木です。この花蜜を集めるミツバチによりマヌカハニーは作られます。

3-4mまで非常に早く生育するマヌカの灌木は、湿地帯・沿岸地域・低地の森で見られます。マヌカは湿地帯周辺部を常に占めているより湿った土壌を好みます。マヌカは風に非常に強いのですが、日陰では育ちません。

マヌカの山

マヌカは時々カヌカ(Kunzea ericioides)と呼ばれる類似の灌木と間違えられますが、カヌカハニー中にはメチルグリオキザールは見出されません。

メチルグリオキサール量(つまり抗菌力)は同じマヌカハニーの中でも差があります。研究結果によりますと、これは海岸地域、土地の低肥沃度や渇水のような、環境によるマヌカ植物へのストレスの度合いが関係しているといわれています。

マヌカの花は、12月の約4週間だけ、盛大に開きます。

ニュージーランドは縦に長い国なので、マヌカの満開の期間が11月から1月まで地域的に変わります。養蜂家はマヌカハニーの採取を場所とタイミングを合わせて行います。