はどのようにして幸せを感じるのでしょうか?

人が、幸せを感じるときに体内で分泌されている「幸せホルモン」には『セロトニン』と『オキシトシン』が知られていますが、これらはまったく別の物質なのです。

『セロトニン』は必須アミノ酸であるトリプトファンから体の中で生合成される脳内の神経伝達物質で、精神を安定化させ、不安感や恐怖感を抑え、幸福感を与え、ドーパミンやノルアドレナリンなどの他の神経伝達物質を制御することも知られていて、自らが幸せを感じるためのホルモンです。

一方、『オキシトシン』は『セロトニン』とはまったく異なったシスチンなどのアミノ酸が連なったペプチド構造を持った物質です。同じように幸せホルモンと呼ばれていますが、相手を思いやること、幸せになる相手があっての幸せホルモンですので、「思いやりホルモン」或いは「優しさホルモン」と名付けてもいいと思われます。
つまり、『セロトニン』は自分が幸せになるため、そして、『オキシトシン』は相手を思いやることで双方が幸せになるためのホルモンであり、どちらのホルモンも幸せになるためには必須なのです。

セロトニン合成の為の出発物質(原料)はトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事の中に含まれるタンパク質が消化分解して得られます。トリプトファンを有効に体の中に取り入れることのできる良質のタンパク質には牛肉、豚肉、トリ肉があります。また、牛乳で摂るのも有効です。
そもそもトリプトファンは牛乳から発見されたものですので牛乳をはじめとする乳製品には豊富に含まれています。さらに、バナナにもトリプトファンは含まれています。不眠症の人には寝る前にバナナ牛乳を飲めばセロトニンの誘導体であるメラトニンによって安眠を得ることが期待できます。

化学合成のお話なので、すこし難しいかも知れませんが、トリプトファンはセロトニンの原料だけでなく、ビタミンB3として知られているナイアシンの合成にも使用されています。そして、ナイアシンの合成にはビタミンB6が必要です。ナイアシンを1モル作るために大過剰のトリプトファン(60モル)が必要になります。
よって、もしナイアシンが体の中になければ、トリプトファンは大量に消費されることになります。体外からナイアシンを十分に摂取できれば、トリプトファンから合成する必要がなくなり、トリプトファンをセロトニン合成の原料に回すことができることになるのです。

結論として、トリプトファンとナイアシンなどのビタミンB群を一緒に摂ることができれば、セロトニンやメラトニンが効率よく体内で生合成され、不眠症やうつ病などの神経疾患を予防できることになります。

そこで、幸福感を得るためには、ハチミツと乳製品の組合せがお奨めなのです。
ハチミツの中でも特に、 アミノ酸とビタミンB群の有効な摂取を期待できるマヌカハニーがお奨め です。マヌカハニーと牛乳などの乳製品を朝食にいかがでしょうか?

[[ MGOマヌカハニー ]]