Skip to Content

マヌカハニー協会趣旨
マヌカハニー協会定款
募集要項
お問い合わせ
マヌカハニー協会趣旨
マヌカハニー協会定款
募集要項
お問い合わせ

Author: manuka_admin

ヘリコバクター・ピロリ菌感染者と胃がんリスク

のところ身の回りの友人や知人で「えっ、この人に胃がんが見つかったの?」と驚くことが続いています。
胃がんは日本人に多く発生する悪性腫瘍で2対1の割合で男性が多く、年齢は50~60歳代が約6割を占めており、高齢化社会を反映して、高齢者の割合も年々増えています。

胃がんのリスクを高める要因にはいろいろありますが、単一で決定的な原因となるものはなく、複数のリスクが重なって胃がんは発生すると考えられているようです。その複数のリスク要因とは、食生活(塩分や飲酒)、喫煙、本人の持つ要因(家族に胃がんになった人がいる)、ストレス、そして、ヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)の感染です。
このピロリ菌は胃の老化にも大きく関与しているのが特徴です。 Read more

幸せになるための必要条件とは(幸せホルモンのセロトニン)

はどのようにして幸せを感じるのでしょうか?

人が、幸せを感じるときに体内で分泌されている「幸せホルモン」には『セロトニン』と『オキシトシン』が知られていますが、これらはまったく別の物質なのです。 Read more

悪玉アクネ菌退治でニキビ肌改善

ヌカハニーにはニキビ肌治癒作用があります。ニュージーランドではニキビ治療にマヌカハニー配合の美容製品が愛用されています。そこで、ここでは、ニキビの原因菌であるアクネ菌とマヌカハニーによる除菌作用機能について説明しましょう。 Read more

紫外線や活性酸素で傷ついた肌を改善

ヌカハニーには抗酸化作用があることが知られています。劣化した肌を回復し、肌に活気を与える能力を持っています。太陽光の紫外線や活性酸素によって損傷した敏感肌を修復し保護してくれます。

マヌカハニーは、古くからニュージーランドの原住民のマオリ族によって、経験的に創傷治癒に利用されてきました。しかし、近年になって、その作用が解明されました。
驚くべきことに、マヌカハニーには、特別の抗菌作用物質である食物メチルグリオキサールとともに、特別の抗酸化物質であるシリンガ酸メチルが含まれていることが明らかとなりました。そして、現在では、紫外線や活性酸素で傷んだ肌を改善するような美容目的でも利用されるようになっているのです。 Read more

マヌカハニーは歯にいい?(ハニィー)

ュージーランドの北島には、古くから癒しの木、復活の木として親しまれてきたマヌカの森があります。
その昔、ヨーロッパからの航海者キャプテンクック が、高熱を出した仲間に、ニュージーランド先住民のマオリ族からもらったマヌカの葉を煎じて飲ましたところ治ったことでも知られています。最近の医学誌には、このマヌカの葉が歯周病に有効であるとの報告もあります。 Read more

マオリの人々によるマヌカの伝統的使用

オリの人々は紀元後700年から1700年までにニュージーランド来て、すぐに多くの病気の治療にマヌカを用いる方法を学びました。「マヌカ」とは、マオリ語で「復活の木」もしくは「癒しの木」という意味です。 Read more

マヌカハニーの「マヌカ」とは?

ヌカとは、灌木種の一つで、ニュージーランドにのみ自生するフトモモ科の低木です。この花蜜を集めるミツバチによりマヌカハニーは作られます。

3-4mまで非常に早く生育するマヌカの灌木は、湿地帯・沿岸地域・低地の森で見られます。マヌカは湿地帯周辺部を常に占めているより湿った土壌を好みます。マヌカは風に非常に強いのですが、日陰では育ちません。 Read more