Skip to Content

マヌカハニー協会趣旨
マヌカハニー協会定款
募集要項
お問い合わせ
マヌカハニー協会趣旨
マヌカハニー協会定款
募集要項
お問い合わせ

マヌカハニーとは

メチルグリオキサール(MGO)測定方法

初にマヌカハニーに独自に抗菌活性を見出した、ワイカト大学のピーター・モラン教授は、ハチミツの抗菌強度を一般の殺菌剤であるフェノールと比較する事により、非過酸化物抗菌活性を測定する検査法を開発しました。
これはマヌカハニーを認証する基準となりました。 Read more

トーマス・ヘンレ教授によるMGOの発見

ヌカハニーが持つ独自の抗菌特性は何十年間も知られてきましたが、
2006年になって始めて、ドイツのトーマス・ヘンレ教授により抗菌特性を担うマヌカハニー中の化合物が食物メチルグリオキサール(MGO)であると同定されました。 Read more

「マヌカ」と「カヌカ」、なにがどう違う?

ュージーランドでは、マヌカという特有の低木の花から美容や健康増進効果のあるマヌカハニーが採れるだけではなく、その葉からは、数ある精油の中でも素晴らしい抗菌効果を持つマヌカオイルが作られていることは『口腔ケアに有効なマヌカオイル』で紹介しました。
では、ニュージーランドにはマヌカと姿形がよく似ていて、名前も紛らわしい「カヌカ」という同じMyrtaceae属の低木のあることはご存知でしょうか?ここでは、この「マヌカ」と「カヌカ」の違い、それらから得られるハチミツやオイルの違いについて説明します。 Read more

常識を覆すマヌカハニーの魅力

さんは『ハチミツの王様』と呼ばれているニュージーランド産マヌカハニーについてどこまでご存知でしょうか?

マヌカハニーは、こちらの『ヘリコバクター・ピロリ菌感染者と胃がんリスク』の後半部分でも少し触れていますが、ニュージーランドのマヌカという低木に咲く花からミツバチが採取してきたハチミツです。
マヌカの利用は大変古く、原住民マオリ族の万能治療薬として使われており、その健康増進効果は昔から知られていました。
たとえば、マヌカハニーを食べている牛は不思議にもまったく病気になることもなく元気で乳汁を出し続けるそうです。知れば知る程に『ハチミツの王様』と言われるだけはある不思議で魅力的なハチミツなのです。 Read more

マオリの人々によるマヌカの伝統的使用

オリの人々は紀元後700年から1700年までにニュージーランド来て、すぐに多くの病気の治療にマヌカを用いる方法を学びました。「マヌカ」とは、マオリ語で「復活の木」もしくは「癒しの木」という意味です。 Read more

マヌカハニーの「マヌカ」とは?

ヌカとは、灌木種の一つで、ニュージーランドにのみ自生するフトモモ科の低木です。この花蜜を集めるミツバチによりマヌカハニーは作られます。

3-4mまで非常に早く生育するマヌカの灌木は、湿地帯・沿岸地域・低地の森で見られます。マヌカは湿地帯周辺部を常に占めているより湿った土壌を好みます。マヌカは風に非常に強いのですが、日陰では育ちません。 Read more