2006年、ドイツのトーマス・ヘンレ教授により、抗菌特性を担うマヌカハニー中の化合物が食物メチルグリオキサール(MGO)であると同定されました。

トーマス・ヘレン教授