日本マヌカハニー協会 一般社団法人 Japan Manuka Honey Association

Q&A

メチルグリオキサール(以下、MGOと呼ぶ)とは?
MGOは、マヌカの花の中で生合成される物質です。マヌカハニーには、およそ30~700mg/kgのMGOが含まれています。100mg/kg以上のMGOマヌカハニーは、黄色ブドウ球菌、ストレプトコッカス・ミュータンス菌、ヘリコバクター・ピロリ菌、大腸菌、サルモネラ菌などさまざまな細菌に対する幅広い抗菌作用が確認されています。
マヌカハニーに含まれるMGOの安全性は?
国際がん研究機関(IARC)は、MGO発がん性について、五段階(1、2A、2B、3、4)のうちで二番目に低いグループ3である、「ヒトに発がん性があるとは分類できない。」と評価しています。(原文:Not Classifiable as to its Carcinogenic)
マヌカハニーの非販売の蜂蜜業者の中には、グループ3を過剰に「ヒトへの発がん性が疑われるが、正式に証明はされていない物質で、このステージにノミネートされる事が既に食品として問題である。」と過大解釈し評価している業者もいます。
マヌカハニーは少なくとも数百年の食経験をもつ歴史のある蜂蜜という事と、このグループ3には、わさび成分、チューイングガムのベースなど身近な食品が多く含まれています。MGOはこれらの食品とリスクの程度が同じということですから、発がん性については安全といえるでしょう。また、MGOは抗生物質などと異なり、腸内の悪玉菌だけを攻撃し、善玉菌は攻撃しません。安心して召し上がっていただけます。
ただし、マヌカハニーは糖質が主成分ですので、糖尿病患者の方やカロリー制限のある方は、摂りすぎには注意してください。
MGO測定試験とはなんですか?
MGO測定試験とはマヌカハニーの抗菌作用を担っている活性成分として同定された化合物「メチルグリオキサール」の濃度を試験する為の商標登録されたシステムです。メチルグリオキサールがマヌカハニーの活性成分であるとの発見は、ドレスデン工科大学の食品化学研究所長であるトーマス・ヘンレ教授によりなされました。
MGOの認証とはどのようなものですか。
これはマヌカハニーに基づく抗菌製品中のメチルグリオキサール濃度の独自の試験と認証です。メチルグリオキサール濃度が高いほど抗菌効果が大きくなります。
他のハチミツ中のメチルグリオキサールの濃度はどのくらいですか。
メチルグリオキサールが全く含まれないハチミツもあります。これまでに試験されたハチミツの多くは3~8mg/kg程です。ニュージーランド産マヌカハニーの一部は、他のハチミツの濃度の70倍も高い700mg/kg程の濃度のメチルグリオキサールを含有している事が見出されています。
マヌカハニーである限り、必ずメチルグリオキサールを含有しているのですか。
必ずしもそうではありません。メチルグリオキサールは開花期間の短いマヌカの木の花粉中に存在する化合物です。これ故に、他の植物が附近で開花する、巣箱の位置及び収穫のタイミングの様な要素によりメチルグリオキサールの濃度が薄まる可能性が有ります。製品中のメチルグリオキサール濃度の試験と認証が効果に関する最も信頼出来る保証の一つなのです。
マヌカハニーの抗菌効果を測定する方法が既にあると思っていましたが。
マヌカハニーの抗菌特性を担うメチルグリオキサールが同定されるまで、マヌカハニーの抗菌活性は研究室の環境で、生長する細菌を殺すハチミツの能力を目視により測定してきました。しかしながら、マヌカハニーの過酸化物によらない特別な活性を専ら担っている活性成分としてのメチルグリオキサールの同定と共に、メチルグリオキサールの含有量そのものを測定する試験が活性成分試験に対するより正確で信頼のおけるものとなっています。
誰がメチルグリオキサールの測定試験をしているのですか?
MGOマヌカハニーの試験と認証はニュージーランドの公認の研究機関により独立してなされています。ニュージーランドの分析はドレスデン工科大学の食品化学研究所で用いられている方法で相互確認がなされています。認可されている研究所のみがマヌカハニー製品の試験を行い、MGO認証ラベルを証明する権限を与えられています。認証された製品のみにMGO証明ラベルが付けられ、認証とラベルは商標により保護されています。